分娩後脱毛症

分娩後脱毛症は分娩後2から3か月以内に起こる脱毛症です。
妊娠後期に、エストロゲンが増加する影響で、毛周期の成長期が長くなり、退行期に移行しにくくなります。
分娩後2から3か月で、エストロゲンの量が元に戻り、成長期から急速に休止期に移行します。
そのため一気に抜けます。ただ必要以上に抜ける人も多いですね。まったく抜け毛が増えない人もいます。

 

通常半年ほどで元に戻る人が多いのですが、最近は戻り切らない人も増えてきました。
このようなときはやはり女性用育毛剤は必要だと考えます。

関連ページ

女性男性型脱毛症FAGA
女性の薄毛・抜け毛には様々な原因があります。女性男性型脱毛症FAGAについてまとめてみました。
慢性休止期脱毛症
女性の薄毛・抜け毛には様々な原因があります。慢性休止期脱毛症についてまとめてみました。
びまん性脱毛症
女性の薄毛・抜け毛には様々な原因があります。びまん性脱毛症についてまとめてみました。
円形脱毛症
女性の薄毛・抜け毛には様々な原因があります。円形脱毛症についてまとめてみました。
脂漏性脱毛症
女性の薄毛・抜け毛には様々な原因があります脂漏性脱毛症についてまとめてみました。
薬剤性脱毛症
女性の薄毛・抜け毛には様々な原因があります。薬剤性脱毛症についてまとめてみました。